ブログヘッダー

長岡いえまる

2015/09/30

Snow beech 2015~松之山伐採編


これ、何か分かりますか?

ブナの木っころです。
表面に短い線状の紋様が縦に入るのが、
ブナの特徴です。

手ざわりがとっても良いので、手摺なんかにも使われます。




さて、昨年の12月に雪の松之山に足を踏み入れて以来、
ブナと触れあう機会が随分と増えました。

Snow beech【雪国のブナ】プロジェクト

雪国のブナを最大限活かし、山間地域の人々の暮らしや
林業の活性化に向けた取り組みです。

昨年初めて訪れた冬のブナ林の様子はコチラ

そして、その後の試験伐採から活用のご報告です。


松之山は、まだ雪深い3月の下旬。

上にいる人との高低差を見ると、
雪の深さを感じます。
相当掘り返しての伐採です。


倒木後、切り株の確認。
広葉樹の枝は芸術的な造形をしています。



こちらが伐採の様子。

 


玉切りして参加メンバーで記念撮影。




持って帰って水差しにさしといたら花が咲くよ、と
教えてもらい持って帰ったブナの蕾のついた枝。


ちょっぴり咲きましたよ♪
ちょっと地味な花でしたw





さて、試験伐採して工場に届いたブナの丸太がこちら。


メンバーが見守る中、試験挽きが行われます。




偽芯材と呼ばれる赤みを帯びた材と、
カミキリムシの被害が入っている状況を確認。

欠点がないところはとても白くてきれいです。



出来た材料から、まずはマイ箸なんかを作ってみます。
ちなみに隣の杉の箸は、
昨年長岡で開催された全国植樹祭の記念品です。
スギと比較してもブナの手触り、抜群に良いです。



参加メンバーで小物なんかを作って、妻有地域で開催された
大地の芸術祭の会場で販売もしてみました。





メンバーで家具を製造・販売している朝倉家具さんに
見学に行って、広葉樹のテーブル活用や…



桐タンスのお話なんかをたっぷり聞かせてもらって…


試験挽きしたブナの板から選別してもらって…



 で、結局ブナのテーブル作ってもらいました!!

 

新潟のブナらしく、あえて真っ白じゃない、
表情のあるデザイン。

スノービーチの活用の方向が見えてきました。




スノービーチのFacebookページはコチラ


朝倉家具さんプロデュース無垢家具「JAPAN INTERIOR STYLE~sin」のHPはコチラ




0 件のコメント:

コメントを投稿