ブログヘッダー

長岡いえまる

2012/10/01

郷土の偉人



長岡市新組町…            
  
志田材木店の所在地です。


この地域からも、明治の動乱の時代に活躍した偉人が排出されました。

長谷川泰 : はせがわたい

(天保13年6月 - 明治45年)
幕末期の越後長岡藩軍医
済生学舎の(日本医科大学の前身)創立者


野口英世らも学んだ「済生学舎」を設立した人物であり、
「済生救民」をうたい、下水道の普及に尽力した方でもあります。
 

長岡市が全国でもトップクラスの下水道普及率だったのも関係がありそうです。


9月30日に長岡市内のホテルを会場に
「長谷川泰顕彰交流会」が開かれました。

長岡市医師会や商工会議所、長谷川泰を語る会のメンバーなどが集い、
稲川明雄先生による講演会と、現在製作中の銅像の進捗報告などが
行われました。


長岡の歴史は、稲川先生のお話抜きには語れませんね。




銅像は完成が近付いており、出身地である新組地区に建立の予定だそうです。


 「長谷川泰を語る会」の活動はこちら 


郷土の偉人、地域で大切にしていきたいものです。




0 件のコメント:

コメントを投稿